平凡な大学生の就活~アナウンサーへの道~

テレビ局に入りたい学生の就活日記です

MENU

日本語検定15日チャレンジ 終了

 こんにちは。モンキーです。先週末、土曜日に日本語検定2級を受けて参りました。今回は日本語検定を受けた感想と、今後の日本語勉強について語りたいと思います。

 

 

 

日本語検定2級 受験感想

 日本語検定2級は、大学生・社会人レベルで、合格にはある程度の勉強量が必要になります。私は、受験申請期間の最終日にギリギリに受験申請をして、そのあと全く勉強しませんでした。

 まぁ、言い訳になりますが、大学のゼミ選考とインターン面接が重なって、2016.10月はなかなか忙しかったのです。いつの間にか、日本語検定日まで15日になっていました。どうしよう! 焦る一方、受験日は迫ってきます!とりあえず、勉強は始めなければなりません。私に足りない国語力をつけるために、日本語検定単語張を何回か読み、敬語の勉強を中心に検定に挑みました。15日間での勉強時間合計は、15時間です!だいだい1日1時間ですね! 果たして、受かるのでしょうか?

 

 日本語検定の受験会場は、全国各地にあるので、検定のために会場まで何時間もかけて行くことは、なかなかないと思います。

私の家からも30分以内で着く日本語検定会場が数ヶ所ありました。選んだ会場は東京都内。渋谷近くの会場で受験しました。会場は、受験番号順に区切られている教室がいくつかあり、想像してた以上に多くの方がうけていました!

年齢層も幅広く、子供から大人、おじいちゃん、おばあちゃん 、日本語検定が多くの人に愛されている検定である と認識しました!ですが、大学生 高校生くらいのが若い方が一番多く受験していましたね。

 

 会場では、受験者みんなが、とても頭良さそうに見えました。私が見たときない、教材や問題集を復習していて、自分の勉強量に改めて不安になってしまった。日本語検定前から、落ちる感じがしてきた・・・。日本語検定の2級の検定開始時間は、午前中で1級は午後でしたね。複数の級を受験することが日本語検定は可能なので、複数受験のために、検定時間をずらしているようですね!私も来年日本語検定を受ける時は、2級と1級の複数受験を予定しています!(今回の日本語検定落ちる前提で話しています 笑)

 

 本番の日本語検定2級の内容は、思っていたよりと簡単でした。勉強しなくても全体の6割は取れるような感じ。ですが、日本語検定2級に受かるには全体で80%。各領域(敬語、文法など)で60%必要です。問題は全体的に感じましたが、もちろん正当率がかなり低そうな問題も、多くあります。この難しい問題を解けるかが、合格を左右すると思いました。

 

今後の日本語検定 わたしの受験予定

  今回の日本語検定はほとんど勉強できませんでしたが、敬語の基本知識や国語力がついて楽しかった。結果に関わらず、来年も日本語検定を受けようと思います。

 

 毎年、日本語検定は2回行われるので、その間に1級をとりたいですね!

 

 今回の日本語検定結果は12月 発表だそうです。わたしの合否結果わかり次第 報告しようかなと思います!